2011年3月 5日

FORMANIA ガンシップ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”FORMANIA ガンシップ”となります!

 この商品は、
”こんなガンシップがあってもいいと思う”
 風の谷の”守護鳥”が大空を駆る・・・・不朽の名作”風の谷のナウシカ”より商品化!
 風の谷を護”ガンシップ”を高密度なデザインで構成。
 世界観を踏襲した意匠、機構とリンクした可動ギミックが
 鑑賞玩具として楽しめる時間を演出します!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・FORMANIA ガンシップ
bandai_for_gansipu_1.jpgbandai_for_gansipu_2.jpgbandai_for_gansipu_3.jpgbandai_for_gansipu_4.jpgbandai_for_gansipu_5.jpgbandai_for_gansipu_6.jpgbandai_for_gansipu_7.jpgbandai_for_gansipu_8.jpgbandai_for_gansipu_9.jpgbandai_for_gansipu_10.jpgbandai_for_gansipu_11.jpgbandai_for_gansipu_12.jpgbandai_for_gansipu_13.jpgbandai_for_gansipu_14.jpgbandai_for_gansipu_15.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ガンシップ”に関しまして
”ガンシップを一から製造する技術は100年近く前に失われており、
 現存する一機のガンシップを族長が乗り継ぐ。作中でもナウシカが正式に受け継いで戦線に参加した。
 風の谷のガンシップは、機体前端と尾端に1席ずつ座席を持つ2人乗りで、
 前席に操縦士兼射撃手が搭乗し、後席でエンジンの制御を行う。
 乗員同士の会話は伝声管を使う。降着装置は収納式で、車輪を使って地面に降りるほか、
 格納用の外装をスキッドとして悪路着陸や着水をすることもできる。
 輸送や保管の際には主翼を折りたたむ事ができ、
 空中フックでメーヴェなど他の航空機を牽引する機能も持っている。
 機体には尾翼が存在せず、空力的には無尾翼機の分類に入る。
 エンジン出力とジェット噴気量の調整によって左右の操舵をしている様子が描かれている。
 主翼にはフラップ、エルロン、エレベータを兼ねる可動翼が存在する。
 可動翼内部には推進装置を有しており、稼動時には左右の翼から3つずつ噴射炎や排気煙が見える。
 このエンジンと翼の可動翼を利用することでスラストリバーサ(逆噴射装置)としても使用でき、
 空中での急減速から失速させ方向転換するといった機動を可能としている。
 機首はダブル・デリンジャー銃のように、
 口径が200mmほどの砲口を上下に2つ重ねた形状になっている。
 砲弾は2発のみで自動装填装置などは持たない先込め式となっていて、
 ロケットアシスト弾のような特徴が描かれている。
 劇中では、一撃でバカガラス艦首ドアを吹き飛ばして脱出したほか、
 2発で装甲コルベットを撃墜する破壊力を持つ。
 主砲左右に備えられた機銃の様な砲身から照明弾を発射する描写もある。
 機体はモノコック構造である描写がある。装甲には王蟲の甲皮、
 風防にはドーム状の目を利用しており、浮砲台の砲弾に耐えうる防御力を備える。
 漫画版では他にも、トルメキアの敗残兵に攻撃されたりヒドラにひっくり返されたりと、
 色々な攻撃に曝されるが、飛行能力や戦闘能力は維持している様子が描かれた。
 墓所と巨神兵の戦闘の爆風ではエンジンを損傷し墓所に不時着し、
 翼の半分を失うほど大破したが、トルメキアの船と乗員の兵士が全滅したのとは対照的に、
 搭乗していたアスベルとミトは一命を取り留めている。
 最終的には墓所の崩壊と運命を共にした。映画版ではトルメキア軍の銃撃によりスキッドを損傷し
 胴体着陸した末、最後は王蟲の群れに踏みつぶされて大破している。”となっています!

2009年5月18日

ブリキコレクション となりのトトロ コネコバス エンスカイ製 玩具

 こんにちは~!
本日の更新は、たな卸しに向けての倉庫整理した関係で
倉庫の奥のほうから見つけてきました発掘商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ブリキコレクション となりのトトロ コネコバス”となっております!

 この商品は、
”ジブリの傑作アニメ”となりのトトロ”より、
 物語後半に登場する、印象的な乗り物?”ネコバス”が
 オルゴール付のブリキコレクションとなって登場です!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
ブリキコレクション となりのトトロ コネコバス
ensky_nekobasu_buriki_1.jpgensky_nekobasu_buriki_2.jpgensky_nekobasu_buriki_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ネコバス”のキャラクター紹介は
”身体がボンネットバスのような構造になっている巨大なネコ。
 ボンネットにあたる部分が頭で、背中が空洞になった胴体は柔らかな毛皮に覆われた座席になっている。
 爛々と光る眼がヘッドライト、額の両サイドのネズミがマーカーランプになっており、
 12本の足で水上、電線など、場所を選ばず風のように高速で走り、
 森の中を抜けるときは木々が脇に避けて道を空ける。
 トトロ同様、子供にしか見えない。
 実際のバスのように行先表示窓(方向幕)があり、迷子になったメイの元に向く際は「めい」、
 サツキとメイがこっそりお母さんを見舞いに訪ねる際には「七国山病院」
 (本編では、「院」が上下逆になっている)、
 巣に戻るときは「す」など、状況に応じて行先が表示される。”となっています!

2009年4月17日

学炎合体モエバイン -忍術部- バンダイ製 トレーディングフィギュア

 こんにちは~!
今回の更新は、週末に向けて現在完売状態になってしまっていました商品を
若干数ずつ再手配させていただきましたのでご紹介させていただきます!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”学炎合体モエバイン -忍術部-”となっております!

 この商品は、
”共通ジョイントをそれぞれ携えたフルアクションフィギュア(バインガールズ)&
 アニマルマシン(バインメイツ)がセットになったオリジナルシリーズが発進!!
 腿に仕込まれたジョイントで体育座り、ハイキックも可能に!
 アニマルマシンはアーマー装甲、武器としても装着として装着も可能!!
 更に5体のアニマルマシンが1つに合体!
 各部位に内蔵されたダブルジョイントで様々なポーズが
 とれるフルアクションロボ「●●ミツルギカイザー」が誕生!!
 各種パーツを集めて数種類の巨大合体を組み上げることも出来、
 バインガールズ、バインメイツ、ミツルギカイザーを武装することも可能!
 各ガールズ、マシン、武器共すべてに共通ジョイントを
 備えているので、数百通りの組み合わせでオリジナル合体が楽しめます!!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・学炎合体モエバイン -忍術部-
bandai_moebain_1.jpgbandai_moebain_2.jpgbandai_moebain_3.jpgbandai_moebain_4.jpgbandai_moebain_5.jpgbandai_moebain_6.jpgbandai_moebain_7.jpgbandai_moebain_8.jpgbandai_moebain_9.jpgbandai_moebain_10.jpgbandai_moebain_11.jpgbandai_moebain_13.jpgbandai_moebain_12.jpgbandai_moebain_14.jpgbandai_moebain_15.jpgbandai_moebain_16.jpgbandai_moebain_17.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ムゲンバインビルド合体”の概要は
”これまで使用し続けてきたムゲンロイドやターボロイドなどのコアを
 「ビルドロイド」に変更・統一したムゲンバインの新シリーズ。
 ムゲンバイン本来の組み換えシステムを残しつつパイロットである「ロイダー」を絡めることで、
 遊び方がよりワイドになっている。
 ロイダーが直接操縦するロイドが活躍するため、タイトルから「マシンロボ」の名前が外されている。
 それが影響しているのか、前回まで名前の頭についていたアルファベットや五十音
 (獣基合体シリーズも「ハ」行に組み込まれている)が今回は存在せず、頭文字も統一性がなくなった。
 パワフルティラノは一見「ハ」行に組み込まれていると思われがちだが、コンセプトなどの違いから外されている。
 そのため、五十音のヴァリエーションが停止した形となっている。
 前回の「ムゲンエンジン」が不評だったのか商品展開はやや縮小され、コミカライズも行われていない。
 そのため、なぜ暗黒空間が出現したのか、などストーリー内容が把握しづらくなっている。
 版権表示は、2007年の食玩は前回と同様だが、
 2008年1月発売の「ムゲン五神獣」以降はプレックスのみとなった。
 CMもサンライズ製作のCGアニメではなく、実物の玩具を使ったCMとなっている。
 ビルド合体の商品展開は8月に発売した「ダークフレイムドラゴン」を最後に商品展開を停止、
 てれびくんやハイパーホビーの連載もほとんどされなくなった。
 9月以降の商品発売のアナウンスもなく、年末恒例のトイザらススペシャルセットも2006年度以降発売はなく、
 2007年度の展開は終了した。
 そんな中、2008年1月に食玩「ムゲン五神獣」が発売され、ムゲンバインの健在さをアピールした。
 またそれ以降のムゲンバインの商品展開の継続が決定している。
 ただし発売ペースは前年よりも落ちた。ムゲンバインの食玩では珍しく単独のCMを放送している。
 2009年度も食玩版中心の展開が継続される見込みで、
 新たに200円ラインの商品も予定している(玩具版の今後については未定の状態)。
 「電撃ホビーマガジン」8月号で、
 「学炎合体モエバイン」というムゲンバインのコンセプトを持つ女性タイプのフィギュア展開が発表された。
 「モエバイン」は基本的には女性タイプフィギュア+動物型のムゲンロイド(バインメイト)がコンセプトとなっており、
 ムゲンロイド5体を合体させると食玩版と同じ仕様のロボットが完成する。
 また、ムゲンロイドのバインパーツをフィギュアに装着する事も可能である。
 発売元は食玩版を展開しているキャンディ事業部ではなく、ベンダー事業部となっている。”となっています!