2011年12月18日

ポケットモンスター ポケモン激闘モーションズ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に向けて完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ポケットモンスター ポケモン激闘モーションズ”となります!

 この商品は、
”ポケモンの新商品“激闘モーションズ”が登場! 
 エフェクトを効果的に立体化した臨場感あふれる仕様で、
 従来とは一味違ったフィギュアシリーズです。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・ポケットモンスター ポケモン激闘モーションズ
bandai_pokemon_kitoumosyo_1.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_2.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_3.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_4.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_5.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_6.jpgbandai_pokemon_kitoumosyo_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ゼクロム”のキャラクター紹介は
”イッシュ地方誕生の神話に登場する、伝説のドラゴンポケモンの1体。
 漆黒の体と巨大な翼を持つ2足歩行のドラゴンのような外見で、
 尾部はタービン式の発電機を思わせる形状になっており、実際にここで強大な電気を発生させる。
 腕部は翼と似た形状であり、
 内側に三本の爪が生えている。頭部から後方に伸びる一本の角の先端は常に青白く発光している。
 対となるもう1体のドラゴンポケモン・レシラムとは、
 元は1体のドラゴンポケモンであり、双子の英雄と協力して新しい国を作った。
 しかし双子が真実を求める兄と理想を求める弟に仲違いし、
 どちらが正しいか決めるべく争いを始めた事によりドラゴンポケモンも2つに別れ、
 理想を求めた弟の側についたのがゼクロムである。
 その後双子の英雄は争いを収めるが、彼らの子孫が再び争いを始めてしまったため、
 レシラムとともにイッシュ地方を焼き尽くして姿を消し、雷雲に姿を隠してイッシュ地方の空を飛んでいると云われている。
 上記の通り人の意志を見極めて主を選ぶポケモンであり、
 強い理想を抱く者に力を貸すが、理想を持たない人間には容赦なくキバをむく。
 なお、これらの設定は『ブラック』でのものであり、『ホワイト』ではレシラムとゼクロムの関係が逆になる。
 (ゼクロムが兄、レシラムが弟)”となっています!

2008年9月12日

ポケモンクリッピングフィギュア PART-4 バンダイ製 トレーディングフィギュア(食玩)

 こんにちは~!
本日2回目の更新は、今月頭に入荷してきましたバンダイさんの新作キャンディトイ
”ポケモンクリッピングフィギュア PART-4”が予想に反して好調ですので連休前に
若干数ですが再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”ポケモンの活き活きとした生態を切り取り、
 フィギュアで再現する『ポケモンクリッピングフィギュアシリーズ』第4弾は、
 映画登場ポケモンを特徴的なポージングで立体化!
 好評の情景スナップ1枚付きです!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ポケモンクリッピングフィギュア PART-4
bandai_pokemon_kurippu4_1.jpgbandai_pokemon_kurippu4_2.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる””ヒコザルのキャラクターに関しまして、
”『ダイヤモンド&パール』で登場したサトシのライバル、シンジのポケモン(後にサトシのポケモン)として登場。
 鳴き声は林原めぐみが担当。
 シンジがシンオウに戻ってからゲットしたらしくザングースに追いつめられた時に猛火を越えた炎を出して
 ザングースを撃破したため、その力を見込んでシンジにゲットされる。
 だがその凄まじい炎の力はあれ以来出せずにおり、その為シンジは、
 ギリギリまで追いつめてその力を出すようヒコザルに無茶なバトルをさせていた(過酷なものだったが)。
 だがそれでも一向にその力をものにすることが出来ない為か、
 シンジは徐々にヒコザルに対して焦燥を抱くようになり、
 罵りとも取れる言葉を投げかけたりもしたが、ヒコザル自身はシンジの期待に応えようとがんばっていた。
 しかし51話であの凄まじい炎の力を出すきっかけとなったザングースに攻撃できなかったのをきっかけに、
 ついにシンジに見限られ逃がされる。
 その直後ヒコザルのがんばりをずっと見ていたサトシに拾われ、彼のポケモンとなる。
 その翌日、サトシはヒコザルと使い、シンジとのタッグバトルに勝利した。
 すぐにサトシにはなついたものの、
 今までトレーナーおよびポケモン同士の触れ合いとはほど遠い生活を送っていた為か、サトシ達の生活に戸惑う。
 それに練習バトルの際はポッチャマに負け、サトシに叱られるのに怯えていたが、
 逆にサトシはヒコザルを『相性の悪い相手をあそこまで追い込めてすごい』と褒め、
 さらに他の皆にも優しくされ、今まで抑圧されていた辛い感情を爆発させて思い切り泣いた。
 その後、仲間を助ける為にザングースの群にサトシと共に挑み見事撃退し、
 その際トラウマを克服し真の意味でサトシの仲間になったようである。
 (シンジはヒコザルに変わるほのおポケモンとしてDP66話からブーバーをゲットしている。)
 本来はバトルに勝つとはしゃぐという無邪気で明るい性格であり、
 シンジとの旅ではそれをずっと押さえつけられていたが、サトシ達との触れ合いで取り戻す。
 『灼熱のヒコザル』でシンジと再会した時は彼に対して怯えの色はまだあったものの、
 サトシとバトルして欲しいと訴えるなど自己主張はできるようになった。
 シンジのリングマとバトルするが、「ひみつのちから」を受けて怯むなどして追い詰められるも
 「もうか」およびあの凄まじい炎を発動させ、強力な「かえんぐるま」でリングマを一撃で倒す。
 その後力を制御できずに暴走し、サトシ達にも攻撃するが、サトシの呼びかけで正気を取り戻す。
 ナナカマド研究所にいた初心者用のヒコザルは、
 ポッチャマのポケモンフーズを横取りするなどイタズラ好きな性格をしていた。
 こちらのヒコザルは津村まことが鳴き声を担当した。
 『ポケモン☆サンデー』内アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊』では
 探検隊に憧れるポケモンとして登場。
 ポッチャマやキマワリとともに「ポケダンズ」を結成する。声優は山口勝平。”となっています!

2007年12月 8日

ポケモンクリッピングフィギュア バンダイ製 トレーディングフィギュア(キャンディトイ)

 こんにちわ~!
本日7回目の更新は、キャンセル箱から発掘商品をご紹介!
 バンダイさんのポケットモンスター関連のキャンディトイの中では一番人気の
”ポケモンクリッピングフィギュア”が数箱だけキャンセルがでましたのでご紹介させていただきます!

bandai_pokemonkurippu_pake.jpg
 この商品は、
”人気爆発中のポケットモンスターに待望の新コレクションフィギュア誕生!
 ポケモンたちの動きを切り取った(=クリッピング)自然なポーズを表現。
 “ほうでん”を放つ瞬間のエレキブルや“かえんほうしゃ”を打ち出す直前のブーバーンなど、
 迫力あるポージングが魅力の商品です。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ポケモンクリッピングフィギュア
bandai_pokemonkurippu_zenbu.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIIKIによる”ブーバーン”の特徴は
”ブーバーの進化形。体は大きな卵型となり、貫禄が増している。
 嘴のように突き出していた口は頬まで裂け、タラコ唇のようになっている。
 腕の先は大砲の砲口のような円筒形をしており、ここから2000度の火球を放つことが可能となっている。
 ブーバー同様、火山の火口付近に生息する。”となっています!