2009年3月13日

CCP 1/6スケール 特撮シリーズ Vol.015 公害怪獣 ダストマン CCP製 フィギュア

 こんにちは~!
本日のこれからの更新は、週末に完売になってしまった商品などで
再手配をさせていただきました商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”CCP 1/6スケール 特撮シリーズ Vol.015 公害怪獣 ダストマン ”となっております!

 この商品は、
”異色のピープロ作品より30cmの公害怪獣が登場!
 叩くとスイッチが入り目が5~6秒点灯する!
 ダストマンの瞳は頭に振動を与えると5,6秒間点灯します。 ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・CCP 1/6スケール 特撮シリーズ Vol.015 公害怪獣 ダストマン
ccp_dasutoman_1.jpgccp_dasutoman_2.jpgccp_dasutoman_3.jpgccp_dasutoman_4.jpgccp_dasutoman_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ダストマン”のキャラクター紹介は
”宇宙からの侵略者「宇宙猿人ゴリ」の送り出す怪獣対ネビュラの星のヒーロー・スペクトルマンの戦いを描く。
 怪獣に対して主人公が変身して戦うことは他の特撮テレビ番組と同じだが、
 以下の点が『スペクトルマン』独自の世界を作っている。
 当初の番組名は『宇宙猿人ゴリ』で、悪役が主役、正義のヒーローが脇役という逆転の演出。
 放送当時社会問題となっていた公害がストーリーに盛り込まれている。これは後に変更になる。
 公害をヒントに作られた怪獣が登場する。新築住宅に潜み、
 その新築住宅に住んだ人間を襲い血を吸って操ってしまう第19話の吸血怪獣バクラーに代表される、
 まさに魑魅魍魎そのもの怪奇性を強調した怪獣も少なくない。
 変身前の主人公が所属する組織は、公害の取り締まりが仕事である。人間側に怪獣退治専門の組織はない。
 スペクトルマンは地球にいてもネビュラ71にいる上司に常に管理されていた。
 変身するにはネビュラ71の許可が必要であり、とても従えない非情な命令を出されることもあった。
 完全無敵のヒーローではなく、立場も力も弱さという面を前面に押し出されていた。
 ストーリーは1話完結ではなく前・後編がほとんどである。全63話中、1話完結は3回のみ。”となっています!