2012年5月30日

魔戒可動 雷鳴騎士 バロン バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”魔戒可動 雷鳴騎士 バロン”となります!

 この商品は、
雷鳴騎士 バロンがいよいよ登場。
 『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』に新たに登場した、
 雷を操る「雷鳴騎士 バロン」が完全新規造形で初立体化。
 全身に施されたメタリック塗装と圧倒的造形力でバロンの姿を再現。
 ボディの各所にダイキャストを使用し、質感アップ。
 魔戒可動の新規可動域がさらに進化。アクションポーズが決まる!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・魔戒可動 雷鳴騎士 バロン
bandai_sic_baron_1.jpgbandai_sic_baron_2.jpgbandai_sic_baron_3.jpgbandai_sic_baron_4.jpgbandai_sic_baron_5.jpgbandai_sic_baron_6.jpgbandai_sic_baron_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”四十万ワタル”のキャラクター紹介は
”第14話で登場した元老院付きの魔戒騎士で、雷鳴騎士バロンの称号を持つ。
 鋼牙と同じタイプの剣を使うが、色は異なる。
 不穏な動きをする魔戒法師を探索している最中、
 赤い仮面の男に“破滅の刻印”とは違った別の刻印を刻まれてしまい、2つの人格に分かれてしまったが、
 鋼牙と翼に救われた。少年時代の鋼牙たちの修練場での教官を務めており、
 「決して仲間を見捨てず、可能性があるかぎり諦めるな」という教えを与えていた。
 22話で鋼牙を取り戻すために号竜人と戦う零とレオのもとに「鋼牙には借りがある」として参戦、
 そのまま真魔界へ行きレオと零と共にシグマと戦う。
 復活したギャノンや無数のホラーとも戦ったがギャノンの攻撃から零を庇い戦闘不能に陥るも、生還。
 ギャノンを倒した後は修練場で教官として翼と共に子供たちを指導している。 ”となっています!

2012年1月23日

牙狼<GARO> 魔戒コレクションシリーズ 素体ホラー アートストーム製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”牙狼<GARO> 魔戒コレクションシリーズ 素体ホラー”となります!

 この商品は、
”現代によみがえった魔獣"ホラー"と戦う黄金騎士ガロの活躍を描いた
 ハイパー・ミッドナイトアクションドラマ「牙狼<GARO>」から、ハイディテールなデフォルメタイプフィギュアが登場!
 第1弾にホラーの素となる"素体ホラー"がラインナップ。
 また同シリーズに付属するボーナスパーツを全て集めると、
 すべてのホラーの始祖である「BIGメシア」が完成する! ”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・牙狼<GARO> 魔戒コレクションシリーズ 素体ホラー
artstorm_sotaihora_1.jpgartstorm_sotaihora_2.jpgartstorm_sotaihora_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<) 

 WIKIによる”ホラー”の説明は
”魔界と呼ばれる世界の住人で古代から魔戒騎士と戦ってきた、
 森羅万象あらゆるものに存在する“陰我”と呼ばれる闇に寄生する怪物。
 ゲート(陰我のあるオブジェが魔界への通り道になったもの)を通じて人間の世界へとやってくるが、
 魔界騎士によって倒されると封印され短剣となり、
 それが12個集まると番犬所を通じ魔界へと強制送還される
 (12は魔を鎮める数字であるため、「二度と現世に迷い出ないように」との意味を込めて12本セットにされている)。
 元の姿はほぼ共通しているが、一度取り憑くとその物と同化、
 それぞれの陰我に応じた姿・能力を得て次々と人間を捕食する。
 また、その返り血を浴びた人間は「血に染まりし者」と呼ばれ、
 その命はあと100日となり、彼らにとっても極上の「餌」となる。
 「血に染まりし者」の末路は、零曰く「気絶することも許されない激痛の中で、
 悪臭を放ちながら溶け崩れていく」とのこと。”となっています!

2012年1月16日

魔戒可動 暗黒騎士 キバ バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”魔戒可動 暗黒騎士 キバ”となります!

 この商品は、
圧倒的造形美。
 驚異の可動。これが新しいキバの姿。
 『牙狼<GARO>』テレビシリーズ最新作、『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』の公開(2011年10月6日~)に
 あわせ、「暗黒騎士 キバ」が魔戒可動シリーズにラインナップ。
 新たに採用された可動関節により、ダイナミックなアクションポーズを再現することが可能です。
 通常の「黒炎剣」と炎のエフェクトが施された黒炎剣に加え、
 作中のホラーを喰う儀式で用いられる斧、「暗黒斬」も付属しています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
・魔戒可動 暗黒騎士 キバ
bandai_makaikadou_kiba_1.jpgbandai_makaikadou_kiba_2.jpgbandai_makaikadou_kiba_3.jpgbandai_makaikadou_kiba_4.jpgbandai_makaikadou_kiba_5.jpgbandai_makaikadou_kiba_6.jpgbandai_makaikadou_kiba_7.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”暗黒魔戒騎士・呀”のキャラクター紹介は
”巨大ホラーに苦戦する鋼牙と零の前に突如現れた、“ホラー喰いの魔戒騎士”。
 武器はホラーを喰う儀式に用いられるポールアックス状の斧暗黒斬とガロのものとほぼ同じ剣である黒炎剣を使用し、
 烈火炎装も使いこなす。
 その正体は、大河の弟子であり有能な魔戒騎士であったバラゴ。
 家族を殺したホラーへの憎しみから過剰に力を求め、
 わざと鎧装着の制限時間を過ぎること(この際心滅獣身の形態を経ている)で闇に堕ちた
 (このとき、ソウルメタルも性質を反転させ、「デスメタル」と呼ばれる特殊金属に変質する)。
 鎧を召喚する時は魔戒剣ではなく、ソウルメタルでできた首飾りに魔力を込め、それを使って頭上に円を描く。
 鋼牙と零が二人がかりで戦っても、まるで歯が立たないほどの圧倒的な力を持つ。
 バラゴの人格が消滅し、メシアが倒れた後も鎧だけが復活
 (姿は通常の呀の姿と若干異なっている)して執拗に戦いを続けたが、鋼牙によって完全に消滅させられた。
 劇中では魔戒騎士時代のバラゴの鎧の姿は回想の僅かなシーンでしか確認できないが
 PS2ゲーム版ではっきりとした姿を確認できる。
 『暗黒騎士鎧伝』では魔導馬を操る姿を確認できる。”となっています!