2012年9月17日

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 νガンダム(再販) バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 〈SIDE MS〉 νガンダム(再販)”となります!

 この商品は、
”ROBOT魂は伊達じゃない。
 待望のνガンダム参戦!
 イベント「魂フィーチャーズ VOL.2」商品化希望アンケートでNo.1を獲得した機体、ついに商品化。
 アムロ・レイの乗る最終機体「νガンダム」がROBOT魂に待望の参戦。
 圧倒的な可動と、フィンファンネルなどの豊富なパーツ。
 とりたいポーズがとれるνガンダムがついに登場。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ROBOT魂 〈SIDE MS〉 νガンダム(再販)
bandai_robot_nyugandam_1.pngbandai_robot_nyugandam_23.jpgbandai_robot_nyugandam_3.jpgbandai_robot_nyugandam_4.jpgbandai_robot_nyugandam_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”νガンダム”の劇中での活躍は
”νガンダムはアナハイム社の開発スタッフが総力を結集し、
 不眠不休の努力のもと3ヶ月で急造された機体ではあったが、
 それでも「シャアの反乱」における戦況の変化に対応することはできず、
 納期を10日も繰り上げられるといった描写があり、
 サイコ・フレームへの換装作業は発注元であるロンド・ベルへの事前連絡がなされないまま行われた。
 物語の冒頭、5thルナをめぐる攻防戦が行われていた時点では、まだ機体の組み立てすら完了しておらず、
 アムロが自ら月に赴いた時には実戦配備が可能となるまでには3日かかると言われている。
 しかし、サイコミュのテスト中にロンド・ベルから部隊への帰還命令が下されたため、
 アムロはスタッフの猛反対を押し切り
 (「そんな状態で出たら、死にますよ!」と警告された)調整も終えていない軽装の本機で出撃、
 そのままシャアのロンデニオン潜入の陽動として展開したネオ・ジオン軍部隊との戦闘へ突入した。
 後にファンネルや他の武装も届けられ、ラー・カイラム内で戦闘の合間をぬって調整は続けられた。
 当初ファンネルはアムロの意志に過敏な反応をみせたり、
 動きが非常に悪く、たやすく敵に撃墜されたりと稼動に問題があったが、整備班の努力により改善されている。
 地球寒冷化作戦阻止のためロンド・ベルがアクシズへの核攻撃を遂行した際には第二波として出撃。
 ネオ・ジオンのMS部隊を一蹴するものの、核ミサイルが全て撃墜されたため作戦自体は失敗している。
 さらに、シャア打倒のためにνガンダムを手に入れようと目論むギュネイ・ガスによりケーラ・スゥが人質にとられ、
 機体にワイヤーをかけられたアムロは要求どおりに武装を解除(フィン・ファンネルを外した)することで
 投降の姿勢を見せるものの、フィン・ファンネルを放熱板と勘違いし逆上したギュネイが、
 アムロの殺害を命じたためワイヤーより電撃を受け、
 アムロの苦痛にファンネルが反応して攻撃をおこない窮地を脱する。
 この攻撃によりギュネイは撤退するものの、ケーラは死亡。
 部下を失った悲しみの中、アムロも帰艦する。
 アクシズ破壊のため三段構えの作戦をたてたロンド・ベルは再度攻撃を開始。
 クェス・パラヤの意志を感じたアムロは彼女の搭乗するα・アジールと、
 その護衛として随伴していたギュネイのヤクト・ドーガらと交戦。
 2機の高性能機とギラ・ドーガ部隊を相手に互角以上に戦い、
 危機に陥るもののファンネルにより展開されたバリアーで難を逃れている。
 最終的にはヤクト・ドーガを撃墜しクェスも追い詰めるが、アクシズの破壊を優先し止めを刺さず終わった。
 νガンダムはアクシズに取り付くが、
 ここでアムロと決着をつけるため待っていたシャアのサザビーと最後の戦いを行うことになる。
 二人の実力は伯仲しており、互いに武器を失い機体のダメージも蓄積していったが、
 最終的にはサザビーを撃破する事に成功し、機体より放出されたシャアの脱出ポッドを捕獲する。
 ロンド・ベルの工作によりアクシズは内部より爆破され2つに割れたが、
 作戦ミスによりそのうちの後方の1つが地球への落下コースをたどり始め、
 アムロは破片の落下を阻止するべく機体をアクシズに取り付かせた。
 その後、サイコフレームの共振効果で発生した力によってアクシズは地球から離れていくが、
 νガンダムおよびアムロの消息については劇中では描写されていない。
 ネオ・ジオン側のエースパイロットを複数撃破し、
 重力に引かれて落下する巨大なアクシズを押し戻したという驚異的な戦果から、
 「シャアの反乱」終結後15年の月日を経ても「連邦軍最強のMS」として知られていた。
 講談社の『ガンダムマガジン名作集』に収載されている岩村俊哉の漫画『νガンダム秘話 ネオ・ジオンの亡霊』では、
 宇宙世紀0094年頃、地球に潜伏するネオ・ジオン残党掃討部隊の中にνガンダムが確認されている。
 この機体は左肩に搭乗者であるマサダ中尉のイニシャルを象った「M」のエンブレムが施されていた。
 ネオ・ジオン残党のNT少女が操作するヤクト・ドーガと交戦し、相討ちとなっている。”となっています!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。