2011年9月12日

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 RX-78-2 ガンダム(ハードポイント追加仕様) バンダイ製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、この週末に完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 RX-78-2 ガンダム(ハードポイント追加仕様)”となります!

 この商品は、
”2010年11月に発売し、好評を博した”ロボット魂 ガンダム”が改良を加えて登場します!
 新規にジョイントパーツが付属し、今まで以上に自由な組み合わせで装備をすることが可能です!
 また、肩部上面にもハードポイントを追加し、装備の幅が広がっています!
 さらに、武器が持ちやすいように心新造された手首が付属します!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 RX-78-2 ガンダム(ハードポイント追加仕様)
bandai_robot_gundm_hard_1.jpgbandai_robot_gundm_hard_2.jpgbandai_robot_gundm_hard_3.jpgbandai_robot_gundm_hard_4.jpgbandai_robot_gundm_hard_5.jpgbandai_robot_gundm_hard_6.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”RX-78-2ガンダム”の劇中での活躍は
”試作機にもかかわらず、いきなり実戦に投入され、3ヶ月余りの間に200機以上のMSと15隻以上の艦船、
 および5機以上のMAを撃破するといった戦果を挙げている。
 機体のテストと最終調整のため搬入されたサイド7に於いて、ジオン公国軍のMS隊の強襲を受けた際に、
 偶然にも操縦マニュアルを拾い、成り行きで開いていた
 コクピットに乗り込んだ民間人の少年アムロ・レイの操縦によって、ザクIIと初のMS同士の戦闘を行った末、勝利した。
 その後はニュータイプに覚醒するアムロの力もあり、
 ジオン公国軍兵士から「連邦の白いヤツ」(バンダイのゲーム作品では「連邦の白い悪魔」、
 バンプレストのゲーム作品では「連邦の白き流星」)と呼ばれ恐れられるほどの戦果を挙げる。
 劇中でジオン側の人物が連邦の新型MSを「ガンダム」と呼んだのは、
 第6話でのシャア・アズナブルのモノローグ(「彼がガンダムと戦って死ぬもよし」)が最初であり、第7話でガルマ、
 第11話でシャアが「ガンダム」という名に言及している。
 ジオンの一般兵が最初に「ガンダム」と呼んだのは、
 第17話でコズンがホワイトベースから通信して友軍に情報を送った際である。
 一年戦争の最終決戦であるア・バオア・クーの戦いに於いては、固定武装のほか両手にハイパーバズーカ2挺、
 腰部にビームライフル、背部にシールドという空前の重装備で出撃。
 シャアの搭乗するジオングと交戦の結果相討ちになり、大破・放棄される。
 この際、左腕と頭部を失いながらも仁王立ちとなり、
 上方を飛ぶジオングの頭部をビームライフルで撃破したシーンは「ラスト・シューティング」と呼ばれ、
 ポスターなどに数多く描かれた。
 このあとジオングの放った最後の一発が右腕と右脚を破壊、行動不能になったが、
 コア・ファイターの分離システムは生きており、アムロがア・バオア・クーからの脱出に使用した。”となっています!

コメント

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。