2008年11月 7日

可変戦士Zガンダム(2008年エディション) バンダイ製 フィギュア

こんにちは~!
本日1回目の更新は、バンダイさんが先月中旬に発売した
”可変戦士Zガンダム(2008年エディション)”
先週末で完売状態になっておりましたので再手配いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”2002年初出の可変戦士”Zガンダム”が2008年エディションで再登場!
 ウェイブライダーへの変形を設定どおりに差し替え無しで再現!
 2008年EDITIONとしてカラーリングを新たに再登場!
 パッケージも新たに可変戦士がリスタートする。
 ハイパー・メガバズーカランチャーが付属!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・可変戦士Zガンダム(2008年エディション)
bandai_kahen_zga_rinyu_1.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_2.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_3.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_4.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_5.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_6.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_7.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_8.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_9.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_10.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_11.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_12.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_13.jpgbandai_kahen_zga_rinyu_14.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”Zガンダム”の劇中での活躍は
”『機動戦士Ζガンダム』作品中では主人公カミーユ・ビダンの乗機として活躍し、
 第21話以降の物語後半の主役機をつとめる。
  彼がそれまで搭乗していたガンダムMk-IIがティターンズのジェリド・メサとマウアー・ファラオの
 ガブスレイの前に小破された際、ウェイブライダー(WR)形態で登場、
 アポリーの操縦で初めて実戦投入されこれを撃退する。
 小説版ではガブスレイ撃退後、カミーユの目の前でMS形態に変形し、
 アポリーが地球から帰ってきたカミーユへの挨拶としてカメラアイを光らせるというアクションがある。
 これ以後はカミーユがメインパイロットとなり、エゥーゴの主力としてグリプス戦役を戦い抜いた。
 劇中ではMS形態とWR形態を巧みに使い分け、
 キリマンジャロ降下作戦ではWR形態で百式を載せて大気圏に突入している。
 物語終盤では、ニュータイプ能力は最高と原作者の監督の富野由悠季に評される
 カミーユのニュータイプ能力とバイオセンサーが共鳴しビームサーベルを巨大化、
 ビーム兵器を弾くオーラを機体に纏い、敵機であるハンブラビの索敵モニターに干渉しレーダー混乱させている。
 最終的には死者の思念を取り込み無限に性能を拡大させ、
 シロッコのジ・Oを不可思議な力によって制御不能にしオーラを纏ったWR形態で死者の思念と共に
 体当たりするなどの、スペックでは実現できない超常的な能力を発揮した。
 劇場版では、発射寸前のコロニーレーザー内での乱戦の中ではビームサーベルを投げ、
 回転するサーベル本体の部分にビームライフルを撃つことでビームを拡散させる
 「ビーム・コンフューズ」という技を使い、
 キュベレイのファンネルをまとめて打ち落とす場面が追加されている。”となっています!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。