2012年10月22日

1/8スケール PVC製塗装済み完成品 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 グッドスマイルカンパニー製 フィギュア

 こんにちは~!本日の更新は、この連休に向け完売になってしまいました商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”1/8スケール PVC製塗装済み完成品 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子”となります!

 この商品は、
念を貫き戦い続ける魔法少女!
 2011年に数々の賞を受賞した大人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』より、
 赤毛のポニーテールと八重歯が印象的な魔法少女「佐倉杏子」を躍動感ある颯爽とした姿で立体化。
 武器の槍を構え、いまにも走り出しそうに衣装をなびかせたその姿は必見です。
 差し替えパーツは杏子らしく、たい焼きをお付けしました。
 『魔法少女まどか☆マギカ』の世界をお楽しみください。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますの、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・1/8スケール PVC製塗装済み完成品 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子
good_sakura_1.jpggood_sakura_2.jpggood_sakura_3.jpggood_sakura_4.jpggood_sakura_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”佐倉杏子”のキャラクター紹介は
”声 - 野中藍
マミの死後、見滝原を自分の縄張りにするために現れた魔法少女。
 赤髪のポニーテールと八重歯が特徴。
 マミとは正反対のタイプの、好戦的な利己主義者で、自分とは相反する信条を持つさやかと対立する。
 常に何かしらの菓子やジャンクフードを食べており、過去の境遇ゆえに食べ物を粗末にする者には怒りを露にする。
 ソウルジェムの色は赤で、変身時は襟元に装着される。
 魔法少女としての衣装はノースリーブの上着の下にスカートを履いたもので、
 丈の長い上着は足の動きの邪魔にならないような、前側の開いたものとなっている。
 魔法少女としての武器は柄の部分が伸縮・湾曲・分割が自在な多節棍となる槍。経験豊富な実力者であり、
 防御面では意外な脆さも抱えているものの、技術とパワーに裏打ちされた高い攻撃力とスピードを持ち、
 武器の特性を最大限に生かした縦横無尽な動きで変幻自在な接近戦を得意とする。
 契約時の願いから発現した本来の魔法は失っているが、
 その状態でも巴マミに勝利するほどの驚異的な身体能力と強い意志を持っている。
 「他人を助けたい」という信念を有する聖職者の父の下で育つが、
 教義に含まれない内容まで信者に説いたために信者や本部から見放された父の姿に心を痛め、
 「父の話に人々が耳を傾けてくれるように」という願いで魔法少女になる。
 教会は人々で溢れかえり一時は幸せを得るも、
 それが魔法によるものであることを知った父は酒浸りになった末に錯乱し、
 杏子のみを残して一家(父・母・妹)もろとも心中を図る。
 自分の善意が家族を破滅させたという後悔から「魔法は人のためにならない」という信念を持つに至り、
 以後は「魔法は自分のためだけに使う」という信条で行動している。
 自分と同じく「他人のための祈り」から魔法少女になったさやかに強い関心と反発を抱いていたが、
 両者は根本的には似た者同士でもあり、徐々に助言を与えるなど気にかけるようになる。
 キュゥべえから魔法少女の真実を知らされてもさやかのような自暴自棄に陥ることはなかったものの、
 動揺してキュゥべえに詰め寄る一面は見せた。
 さやかが魔女化した際はさやかを人間に戻す手段がないことを信じられず、
 魔法少女になった当初同様にハッピーエンドを信じ「人魚の魔女」と化したさやかと戦うが、
 後ろにいるまどかを庇いながら戦ったため得意のスピードを生かすことができず、
 最期は助けに来たほむらにまどかを託し、自爆魔法により「人魚の魔女」と共に戦死する。
 脚本を担当した虚淵によれば、杏子は悪人として振る舞うことで絶望を発散させ心の平静を保っていたが、
 実のところはそうした自分が好きではなく、
 この時仮にさやかを救うことができれば自分自身の心を救うこともできたが、
 見捨てていればそのまま真の絶望を迎えたであろうとされる。
 最初は悪役のように登場するが、退場間際には陰鬱な展開の救いとなる良心的存在となっていく役回りの人物で、
 また任侠ものの登場人物を美少女に換骨奪胎したかのような人物造形がされている。
 脚本段階では悪役らしい声が想定されていたが、オーディション段階の判断により、
 良い子が無理をして悪党らしく振舞っているような声質が当てられ、憎らしげのない人物として演出された。
 特典ドラマCD「フェアウェル・ストーリー」では、本編では触れられなかったマミとの過去が描かれており、
 また亡くなった妹の名前が「モモ」(声 - 設楽麻美)であるという設定も明かされている。”となっています!

コメント

だが、中国だけではない。Kビューティーは化粧品先進国である米国とフランスでも勢いを伸ばしている。トニーモリーは先月ニューヨークのマンハッタンにフラッグシップストアを開いたが、みずみずしい肌を作る「韓国式メイクアップ」を受けるために集まったニューヨーカーで連日大変な賑わいを見せている。
[url=http://www.newkakaku.com/cd.htm]ジミーチュウ スーパーコピー 靴[/url]

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。