2010年1月 6日

ファイナルファンタジーXI ピヨピヨヒナチョコボ スクエア・エニックス製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、年末年始の営業で完売になってしまった商品を
若干数ずつ再手配をかけさせていただきましたのでご紹介させていただきます!!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ファイナルファンタジーXI ピヨピヨヒナチョコボ”となっております!

 この商品は、
”『FINAL FANTASY XI』に登場するかわいいヒナチョコボが手のひらサイズのギミックトイになりました。
 手のひらに乗せると愛くるしい声で鳴いて、あなたを癒します♪
 『FINAL FANTASY XI』ゲーム内アイテム「スタッフドチョコボ」の登録コードが同梱されています。”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ファイナルファンタジーXI ピヨピヨヒナチョコボ
suw_hinatyokobo_1.jpgsuw_hinatyokobo_2.jpgsuw_hinatyokobo_3.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”チョコボ”の特徴は
”首は長く、大きな頭をしており大きな幅広のクチバシがある。
 長い2本の足があり、走るときは背中を曲げないので、乗用に用いることができる。
 また、成人を数名乗せられる程度の大きな体躯を持つ。
 ダチョウのように羽が退化しており、黒チョコボという種類を除けば飛翔することができない。
 チョコボ臭いと表現される独特の体臭をしており、そのような場所はチョコボが生息している目印であるとされる。
 また、ギサールの野菜と呼ばれる野菜を好んで食す。
 チョコボは作品世界において乗用として利用されている。
 各作品の世界では、主に陸上用移動手段と位置付けられる傾向にあり、
 ゲームではマップ上を高速で移動できる乗り物としての役割を果たす。
 基本的に乗っている間は徒歩での倍の速さで移動でき、戦闘も回避できる。
 騎乗時には主に「チョコボのテーマ」やそのアレンジバージョン(作曲は植松伸夫)が流れる。
 これまでにゲーム中ではサンバ、マンボ、テクノ、ハワイアン、ビッグバンドなど
 様々な曲調のアレンジが登場しており、それらの多くに「○○○・デ・チョコボ」という曲名がつけられている。
 また、作品によってはサブイベントやミニゲーム、召喚獣として登場することもある。
 多くの場合は最も初歩的な召喚魔法であるが、
 低確率で攻撃力の高い「デブチョコボ」が発動することもある。”となっています!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。