2009年5月18日

ミラクルアクションフィギュアDX ピノキオ メディコム製 フィギュア

 こんにちは~!
本日の更新は、たな卸しに向けての倉庫整理した関係で
倉庫の奥のほうから見つけてきました発掘商品をご紹介!

 今回ご紹介させていただきます商品は、
”ミラクルアクションフィギュアDX ピノキオ ”となっております!

 この商品は、
”ソフビ・ABS・PVCを使用したハイブリットモデル!
 布製フルコスチューム
 伸びた鼻の差し換えパーツ付き
 映画「ピノキオ」でも大人気のピノキオがメディコムからフィギュアとして登場!
 各関節が可動のフルアクションタイプのピノキオ!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ミラクルアクションフィギュアDX ピノキオ
mede_mira_pinokio_1.jpgmede_mira_pinokio_2.jpgmede_mira_pinokio_3.jpgmede_mira_pinokio_4.jpgmede_mira_pinokio_5.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ピノキオ (1940年の映画)”の概要は
”前作「白雪姫」が大ヒットをした後、「再び同じような映画を」という依頼が
 ウォルトに多数寄せられたが、彼はそれを拒否した。
 彼は、新しいジャンルである冒険物語「ピノキオ」を選んだ。
 しかし、原作では社会風刺小説であり、しかも、ピノキオは原作では悪戯っ子で、
 子供っぽく無表情な性格がみられ、白雪姫のような華がなかったため、
 なかなか夢のある物語にするのは容易ではなかった。
 ウォルトはストーリー作りに数ヶ月も悩み、ついにはこの作品に関心がなくなり一時制作を中断した。
 そこで、本作ではピノキオの性格を無邪気で大人しい性格に変更され、
 さらに、コオロギ(原作ではピノキオにハンマーにぶつけられすぐに死んでしまう)の
 ジミニー・クリケットも付け加えた。
 これは、ピノキオの良心として重要な人物であり、物語終盤を迎えるためにもゼペットやクレオ、
 フィガロと結びつける大切な役柄である。
 その後、制作を再開し再び熟考を度々重ねて、ついにテンポがよく夢の冒険物語が2年の歳月を経て完成した。
 前作「白雪姫」のようにヒットはならなかったが、
 現在もディズニーアニメの傑作の一つとして今日も知られている。”となっています!

コメント

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。