2008年5月15日

ミニチュアアンティークミュージアム タカラ×海洋堂製 トレーディングフィギュア(食玩)

 こんにちは~!
本日4回目の更新は倉庫整理で発掘致しました商品をご紹介!
 食玩全盛期の中、天下の海洋堂さんが製作をしタカラさんが販売した
”ミニチュアアンティークミュージアム”
を発見いたしましたのでご紹介させていただきます!

 この商品は、
”19世紀にヨーロッパで生まれその神秘的かつ芸術的な
 美しさで今も多くのコレクターの憧れ的となっている
 「ピスクドール」が海洋堂によって生まれ変わります!”となっています!

 それでは、ご購入のご参考に画像を貼り付けておきますので、
ご参考にしてみてくださ~い!ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
・ミニチュアアンティークミュージアム
takara_minityuaanntexiku_1.jpgtakara_minityuaanntexiku_2.jpgtakara_minityuaanntexiku_3.jpgtakara_minityuaanntexiku_4.jpgtakara_minityuaanntexiku_5.jpgtakara_minityuaanntexiku_6.jpgtakara_minityuaanntexiku_7.jpgtakara_minityuaanntexiku_8.jpgtakara_minityuaanntexiku_9.jpgtakara_minityuaanntexiku_10.jpg
購入はこちらからになります(>.<)

 WIKIによる”ビスクドール”の説明は
”ビスク・ドール(英語:bisque doll、仏語:poupee en biscuit)は、
 19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人・令嬢たちの間で流行した人形である。
 アンティーク・ドールとも呼ばれる。
 ビスク・ドールの「ビスク」とはフランス語の「二度焼き」が語源であり、
 人形の頭部、場合によって手や全身の材質が二度焼きされた素焼きの磁器製であったことに端を発している。
 当初は陶土を型に押し込んで作られたが、後に量産可能な液状ポーセリンの流し込みで作られるようになった。
 元来、衣服の宣伝用に、ミニチュア版の衣装を着させる目的で作られた観賞用の人形(ファッションドール)だったが、
 後に人形職人の試行錯誤の末、可動性の高いコンポジションボディが作られ、玩具として量産された。
 19世紀末、ジュモー、ブリュなどフランスのビスクドール工房は黄金時代を迎えた。
 20世紀に入ると、廉価なドイツのビスクドールに対抗するため、フランスの工房は合併。
 廉価ビスクドールの量産合戦となり、1920年代には一般の子供用玩具として広く販売されるようになった。
 しかし、やがてコンポジションドールを経て、ゴムやセルロイド製のより廉価な人形が量産され、
 1930年頃には製造されなくなってしまった。
 現在でもビスク・ドールの人気は根強く、ドイツ産の人形は数十ドル程度から手に入るが、
 骨董的価値及び美術性・希少性に応じて、ブリュやジュモートリステ(ロングフェイスジュモー)などは、
 数万ドルで取引されている。
 アンティーク・ドールおよび、復刻品のレプリカもビスク・ドールと呼ばれる。
 アンティーク・ドールの呼称は、アメリカで関税法が変更された
 1930年以前の製造物に対してのみ使う事が許されている。”となっています!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。