2008年11月11日

仮面ライダー DX組立式ネオイメージングフィギュア


パッケージを切り取れば、台座ベースとして使用可能。


2007年10月23日

H.G.C.O.R.E.仮面ライダー04 ~新生仮面ライダーV3編~

本日入荷のガチャガチャをさっそくご紹介!

人気のバンダイ200円ガチャガチャ「H.G.C.O.R.E.」最新作!
【H.G.C.O.R.E.仮面ライダー04 ~新生仮面ライダーV3編~】です!

続きを読む "H.G.C.O.R.E.仮面ライダー04 ~新生仮面ライダーV3編~"

2007年10月15日

アルティメットソリッド 仮面ライダー4

大人気!ULTIMATE SOLIDシリーズ最新作
「アルティメットソリッド 仮面ライダー4」を紹介します!

歴代のライダー達が集合!
アルティメットソリッドシリーズだけあって、今回もクオリティーが高いです。

続きを読む "アルティメットソリッド 仮面ライダー4"

2007年8月10日

仮面ライダー電王 アクションポーズ 最初からクライマックス編

ソードフォーム

モモタロスの力をまとった電王の基本形態(脚本上呼称はM電王)。
第1話から登場。基本カラーは赤。変身直後に「俺、参上!」と名乗りを上げポーズを取ることが多く、場合によっては微妙に言い直すなど、名乗りに対しこだわりもうかがえる。
顔に配置される"電仮面"は桃のような外見を持ち、真っ二つに割れるように変形して装着される。ボディの装甲〈オーラアーマー〉の配置は胸に赤いパーツ、背中に金と黒のパーツ。
ターミナルバックルの色は赤。
常に正面から敵にいどんで手数の多さで敵を圧倒する豪快な戦闘スタイルが特徴であり、武器であるデンガッシャー・ソードモードを使った接近戦で最もその本領を発揮できる。ただし、モモタロスが泳げないため水中戦に弱く、武器の関係上、空中から襲ってくる敵もあまり得意ではない。

CIMG5138.JPG

 

 

 

 

 

 

 




 

ポーズを変更できるのもアクションポーズならでは!

CIMG5139.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッドフォーム


ウラタロスの力をまとった形態(脚本上呼称はU電王)。第6話から登場。基本カラーは青。
変身直後、ウラタロスの決めゼリフである「(お前、)僕に釣られてみる?」を口上代わりに敵を挑発することがある。
顔に配置される電仮面は海亀のような外見を持ち、大きく変形した後に装着される。
変形後は目がカメの甲羅の形に見える(周りのスポットが首と手足)。
ボディの装甲〈オーラアーマー〉の配置は胸に青いパーツ、背中に赤いパーツで、青いパーツは(ソードフォームでは背中にあった)金と黒のパーツが左右に開くように変形したもの(開いた部分は肩パーツと連結している)。
ソードフォームからのフォームチェンジ時は全パーツを離脱させて身体の周りで半回転し、変形の後に装着される。
ターミナルバックルの色は青。

総合スペックは低めだが、4フォーム中で唯一水中戦が可能であり、さらに武器であるデンガッシャー・ロッドモードなどの特性上、空中から襲ってくる敵を相手にするのも得意とする。
戦いながらも巧みな話術を駆使して相手を翻弄、自分のペースに引き込む狡猾な戦闘スタイルが特徴であり、それとあいまって特殊な状況での戦いを問われる場面で最も重宝される。

 

CIMG5153.JPG






















アックスフォーム

 キンタロスの力をまとった形態(脚本上呼称はK電王)。
第10話から登場。基本カラーは金色。
変身直後に無数の懐紙が舞い、キンタロスの口癖「俺の強さに、お前が泣いた―涙はそれで拭いとけ!」を口上として述べる。
顔に配置される電仮面は斧のような外見を持ち、斧の刃の部分が左右に割れるように変形して装着される。
変形後の顔の部分は漢字の「金」のように見える。
ボディの装甲〈オーラアーマー〉の配置は胸に金と黒のパーツ、背中に赤いパーツで、ソードフォームと前後逆の配置。
故にソードフォームからのフォームチェンジ時は全パーツを離脱させ、身体の周りで半回転して装着される。
ターミナルバックルの色は黄。

腕力と防御力は4フォーム中最強であり、武器であるデンガッシャー・アックスモードの特性もあって、他のフォームの攻撃では効かない強固なボディの相手に有効なフォームとなる。
力比べが得意で、本条との契約中、空手と間違えてマスターしてしまった相撲の張り手や突っ張りを駆使し、高い防御力を生かして敵の攻撃を受け切り真っ向から力で圧倒する力押しの戦闘スタイルが特徴。

CIMG5145.JPG





















 

ガンフォーム

 リュウタロスの力をまとった形態(脚本上呼称はR電王)。第13話から登場。基本カラーは、紫。
変身直後、敵に対し「倒してもいい? 答えは聞かないけど(台詞は毎回微妙に異なる)」と宣言する。
顔に配置される電仮面は竜の顔のような外見を持ち、変形して装着される。
ボディの装甲〈オーラアーマー〉の配置は胸に紫と銀のパーツ、背中に金と黒のパーツで、紫と銀のパーツはソードフォームの赤いパーツが上方向にV字に展開したもの。ソードフォームからのフォームチェンジ時はいったん全パーツを離脱させ(身体の周りで数回転してから)、変形の後に装着される。
ターミナルバックルの色は紫。

CIMG5156.JPG





















 

ベガフォーム

 デネブの力をまとった形態。
変身直後に周囲の地面が沈み込んだ後、敵に対し「最初に言っておく」と侑斗同様のセリフを話すが、後に続く内容がどこかトンチンカン(例えば「胸の顔は飾りだ!」「特に言うことは...ない!」など)で相手に必ずツッコミを入れられる。
顔に配置される電仮面はドリルのような形状を持ち、左右から同型のものが2つ合体し回転、尖端から星形に展開されるように変形して装着される。
ゼロノスベルトのバックル部には、黄色い「V」のような模様が浮かび上がっている。

電王のフォームチェンジと異なり、胸部に〈デネブブレスト〉が装着された後に、実体化したデネブがフリーエネルギーに変換され直接ゼロノスに合体し、デネブの両手・顔・ローブがそれぞれ両肩・胸部・背中に装着される。ちなみに前述の通り、デネブによれば胸の顔は飾りらしく、ベガフォームにおいてデネブの視覚・聴覚は電仮面にて稼動している。

アルタイルフォームと比較すると、デネブとの合体に伴う重量の増加によって機動力は減少するが、逆にパワーと防御力は上昇する。また、両肩に装備されたデネブの五指からは「ゼロノスノヴァ」という光弾を発射できる。

名前の由来は夏の大三角を構成すること座のベガから。

CIMG5150.JPG





















 

ウイングフォーム

電王がジークの力をまとった形態。基本カラーは白。変身直後に「降臨、満を持して...」と高らかに唱える。
顔に配置される水色の"電仮面"は白鳥のような形状で、首部分を折りたたむように変形して装着される。
また、ボディの装甲〈オーラアーマー〉はすべて新造パーツで、形状はソードフォームと酷似しているがすべてカラーは白であり、肩のアーマーには突起が追加され翼のような形状になっている。さらにスーツ部分の〈オーラスキン〉も黒から金色に変わるなど、全てのフォームの中で変化が最も大きい。
電王各フォーム中最もスピードやジャンプ力に特化しており、
そのスピードと武器であるデンガッシャー・ブーメランモードとハンドアックスモードの小回りの利く点を活かした戦法が特徴。TVシリーズ第24話と第27話にも登場。

CIMG5148.JPG














 

モモタロス カラーバージョン

 良太郎に最初に憑依。
その姿は良太郎が持つ『桃太郎』に出てくる赤鬼のイメージが具現化されたもので、名づけ親も良太郎。
当初、モモタロス本人は容姿も名前も気に入っていなかった。
一人称は「俺」。偶然「特異点」である良太郎に憑依したことで、完全に支配することができないまま彼と一蓮托生の関係になる。

CIMG5142.JPG























モモタロス サンドバージョン

CIMG5140.JPG




















 


全8種集合写真

CIMG5154.JPG

















【仮面ライダー電王 アクションポーズ 最初からクライマックス編 全8種】

※こちらの商品は7種1セットの販売になり、
 1セットにはモモタロスカラーVer・サンドVerのうち
 いずれかが封入されます。
 Verのご指定はできません。
 両方ご入用のお客様は2セットのご注文をお願いします。

商品ご購入ページへ

2007年7月11日

H.G.C.R.E.仮面ライダー03 ~敵か味方か、力と技 編~

本日のガチャガチャ紹介はコレ!!

大人気「H.G.C.O.R.E.ライダー」シリーズの3作目!
【H.G.C.R.E.仮面ライダー03 ~敵か味方か、力と技 編~】です!!

今回、電王より「ガンフォーム」と「ゼロノス(アルタイムフォーム)」が初登場!
話題のV3もラインナップに加わっています!

映画「仮面ライダーNEXT」も10月公開を控え、まだまだ目が離せない
仮面ライダーシリーズ!

さっそく写真を紹介します!!

仮面ライダー電王 (ソードフォーム)

モモタロスの力をまとった電王の基本形態(脚本上呼称M電王)。
デンオウベルトの赤いフォームスイッチを押した後、デンオウベルトのバックル部・〈ターミナルバックル〉にライダーパスをセタッチすることにより、「Sword form」の音と共に変身する。
第1話から登場。基本カラーは赤。
変身直後に「俺、参上!」と名乗りを上げポーズを取ることが多く、場合によっては微妙に言い直すなど、名乗りに対し拘りも伺える。

仮面ライダー電王 (ガンフォーム)

リュウタロスの力をまとった形態(脚本上呼称R電王)。
デンオウベルトの紫色のフォームスイッチを押した後、デンオウベルトのバックル部・〈ターミナルバックル〉にライダーパスをセタッチすることにより、「Gun form」の音と共に変身する。
第13話から登場。
基本カラーは紫。変身直後、敵に対し「倒してもいい? 答えは聞かないけど」と宣言する。

仮面ライダーゼロノス(アルタイルフォーム)

桜井侑斗が変身する仮面ライダー。
第20話から登場。
変身システムやイマジンの力の発現機構は、電王のそれとは根本的に違う思想により作られている。頭部には2本、胴体にはY字状のレールと枕木がデザインされている。

仮面ライダーV3

本編の主人公で仮面ライダー3号。
城南大学の学生であり、本郷猛の後輩。立花藤兵衛のもとでオートレーサーを目指していた。
デストロン怪人が起こした事件に遭遇したことから命を狙われ、両親と妹を惨殺されてしまう。本郷が仮面ライダーであることを知り、復讐のために改造人間に志願するが、一旦はダブルライダーに拒否される。
しかし、風見がデストロンのアジトで罠に落ちた仮面ライダー1号・2号を救おうとして瀕死の重傷を負ってしまったため、仮面ライダー1号・2号は緊急の改造手術を行った。

ザリガーナ(最終バージョン)

左手のハサミとかけられた相手を爆死させる口からの泡を武器とし、地中を高速で掘り進む事が出来る。背負った甲羅を足で砕き、敵に投げつける「甲羅崩し」が最後の必殺技。

ライダーマン (ロープアーム)

43話から登場し、V3と共闘したサブヒーロー。
設定ではIQ201の頭脳を持ち、京都大学に在籍したとの設定(グランドホッケーの名手だったとも)とされているが、劇中での言及は無い。

※ライダーマンは補助パーツで他にもパワーアーム、フックアームがあります。

全体写真

【H.G.C.R.E.仮面ライダー03 ~敵か味方か、力と技 編~ 6種1セット】

1200円

※各キャラクターの文章はwikiより抜粋しています。